ちくま発見伝 リンク | お問い合わせ   





千曲市役所
千曲市のお天気
トップ イベント情報遊歩道めぐり歴史浪漫伝承文化郷土偉人伝地域振興


桑原・稲荷山地区方言集

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    《44語》
方言 標準語 用例 備考
はいも
里芋    
はくしょ
くさめ    
はくしょん
くさめ    
はあくろ
そばかす    
はしっけ
ずるい    
はしっけ
すばしっこい    
はづな
たづな    
はそん
修繕    
はなる
はじまる    
はねる
はじめる    
はば
畦畔    
はりつける
うつ   平手で打つ 
はりみず
はりのあな    
はりのみぞ
はりのあな    
はあるか
久しい    
はんこ
    髪の一部、すった残り
はあて雪
うす雪    
はえい
はやい    
はぐる
めくる 頁をはぐる  
はげり
半襟    
はげり
大桶    
はした
行った もう家へはしたろ  
はたく
たたく    
はぜる
めだつ    
はでる
めだつ    
はっちょびらき
    ちりぢりになること
はりっか
張子    
はんのめす
はりのめす    
はんげん
半夏    
ば ぱ
     
ぱっぱ
たばこ   幼児語
ばあちゃん
おばあさん    
ばやん
おばあさん    
ばかいい
ばかいうな    
ばせ
さんだわら    
ばそく
即座に    
ばらざっくれ
    ばらで皮膚が裂けた様子
ばんてん
交るがわる    
ばばい
きたない   幼児語
ばっか
ばかり こればっか  
ばか
ばかり こればかなんだ  
ばかし
ばかり こればかしなんだ  
ぱち
めんこ    
ぱっちん
めんこ    
 
 
    《52語》
方言 標準語 用例 備考
ひきずり
  あれはひきずり女だ しまりのないこと
ひょうし
   
ひとかたけ
一飯   食事の回数数詞
ひっつい
へっつい    
ひくげた
こまげた    
ひざおぼ
    膝蓋骨
ひくひく
ひよめき   乳児の頭の前頭部で呼吸の度に動く
   
ひして
終日    
ひだりい
ひもじい    
ひっくりけいす
ひっくりかえす    
ひっちげる
    関節をはずすこと
ひでぐち
ひたい    
ひとっきり
しばらく    
ひとら
ひとり    
ひぼ
ひも    
ひどろ田
湿田    
ひやけ
ひでり    
ひょうな
ひよこ    
ひらべったい
ひらったい    
ひいろ
ひる(蛭)    
ひんね
ひるね    
ひわけ
わかい(若い)    
ひき
熟蚕    
ひきる
  蚕がひきる 熟蚕になる
ひく
しく(敷く) 布団をひく  
ひざ
ひだ 袴のひざ  
ひしり
    炉の薪の置き場
ひだりい
ひだるい    
ひだりっかち
ひだりきき    
ひっかく
わる 茶碗をひっかく  
ひっかすばる
ひからびる    
ひっこくる
ひきくくる    
ひっこくり
ひきくくり    
ひっちゃばく
さく    
ひったくる
奪う    
ひっぱさみ
尻はしょり    
ひっつめる
つめる    
ひっつり
    やけどのあと
ひでえ
ひどい    
ひとっとし
同年    
ひとんずつ
一つずつ    
ひとみず
ひとみしり この子はひとみずで  
ひの
水門    
ひののき
ひるま(昼間)    
ひょうたく
火をたく ひようたかんか  
ひょうし
はずみ    
ひんがら
終日    
ひんむしる
むしる   とる
     
びちゃる
すてる    
びっちょ
備中鍬    
 
 
    《35語》
方言 標準語 用例 備考
ふんずける
ふみつける    
ふんずぶす
ふみつぶす    
ふんと
ほんとう    
ふきったま
ふきのとう    
ふじくら
麻裏草履    
ふすべ
ほくろ    
ふすべ
黒穂   麦の病気
ふのけ
ふぬけ    
ふみでえ
ふみだい    
ふよ
ふゆ(冬)    
ふんだくる
奪う    
ふくがえる
ひきがえる    
ふたる
ひたる 湯にふたる  
ふっくるけえす
ひっくりかえす    
ふな
三眠 ふな休む(三眠) 蚕齢
ふてえ
ふとい(太い)    
ふるしき
ふろしき    
ふるっち
未熟の果実    
ふるっぱ
  ふるっぱで卵を産まない 老鶏
ふろく
  この水田はふろくでこまる 平らでないこと
ふんじゃばく
裂く    
ふんじばる
しばる    
ふんだくる
奪う    
ふんずかまえる
つかまえる    
     
ぶちこみ
    手打ちうどんを野菜などを入れて煮たもの
ぶっこみ
    手打ちうどんを野菜などを入れて煮たもの
ぶに
ぶん 私のぶに(分けまえ)  
ぶすっつら
不平顔(仏頂面)    
ぶっちげ
たがいちがい    
ぶるける
つるす    
ぶんのくど
ぼんのくぼ    
ぶんなぐる
なぐる    
 
 
    《27語》
方言 標準語 用例 備考
へい
はい(灰)    
へい
はい(蠅)    
へい
もう へい五時だ  
へえき
へいき(平気)    
へえび
へび    
へえる
はいる(入る)    
へして
一日    
へず
すじ 一へず二へずと数える 細長いものの数詞
へたっかす
へた    
へたくそ
    つたない
へつり
そのへつりにある あたり、へん
へなす
けなす    
へぼ
ひも(紐)    
へぼ
へた へぼ将棋  
へら
した(舌)    
へる
すく 腹がへる  
へんね
ひるね    
へえぼ
    蜂類
     
べいつる
奪いあう    
べべ
着物 おべべ着なさい 幼児語
べい
着物 べい着ろ 幼児語
べっちゃり
たくさん、一面に べっちゃりある  
ぴっちゃり
ぴったり ぴったりあう  
べと
つち、どろ    
べちゃる
すてる    
ぺちゃ ぺっちゃり
ぴったり ぺちゃぺっちゃりだ 丁度同じ
 
 
    《29語》
方言 標準語 用例 備考
ほっかぶり
ほほかむり    
ほえづら
なきつら    
ほせい
ほそい    
ほど
びんのほど  
ほおたろ
ほたる    
ほっつきあるく
うろつく    
ほいっちょ  ほいっちょ
    走る時のかけ声、幼児に使う
ほれ
それ ほれ行け  
ほんうり
越瓜    
ほんだ
まるまげ ほんだに髪をゆう  
ほう(か)
そう(か)    
ほっぺた
ほほ(頬)    
ほどく
とく 結びをほどく  
ほまち
へそくり    
ほんこ
本式    
ほしょる
折る    
ほっぽしょる
折る    
ぼ、ぽ
     
ぼんばな
ききょう    
ぼや
  ぼや切りに行く 小枝の薪
ぼこ
赤ん坊    
ぼっち
かたまり ひとぼっち  
ぼて
  桑ぼて かご、竹や藁などで作ったもの
ぼんぼ
ぼんぼでる 小幼の詞
ぼやぼや
ぐずぐず ぼやぼやしているな  
ぽっぽ
ぽっぽいたい 小幼の詞
ポットロ
鉛筆    
ぽっかり
  ぽっかりしている 気抜けの状態
ぼぼうつる
    顔がうつること
 
《 な行へ     ま行へ 》

千曲市川西地区振興連絡協議会  Copyright (C) 2011-2013 Chikuma-Hakkenden, All Rights Reserved