基礎控除と代襲相続人 | ここが知りたい 相続税の基礎控除

ここが知りたい 相続税の基礎控除
Home » 相続税の基礎控除 » 基礎控除と代襲相続人
相続税の基礎控除 | 08月13日更新

基礎控除と代襲相続人

被相続人が亡くなった後、遺産相続の手続きを進めるにあたって意識しておかなければならない問題のひとつに相続税についてがあげられます。
相続税は被相続人から財産を相続するときにかかってくる税金で、すべての相続人にかかる可能性がありますし税率も高めですが、基礎控除があるため必ずしもかかるとは限りません。

まず現在の相続税の基礎控除の計算式ですが、これは平成27年1月1日以降改正されており今は3,000万円+600万円×相続人の数で計算することができます。
たとえば相続人が3人いて、相続財産が6,000万円ある場合は3,000万円+600万円×3が基礎控除額になりますので6,000万円から4,800万円を引いて残った1,200万円が相続税の対象になります。
仮に相続財産の合計額が4,800万円以内に収まるのであれば相続税の対象にはなりませんので、一部の例外を除いては税務署へ行く必要もありません。

今、基礎控除の計算式についてお話しましたが、これは見ても分かる通り相続人の数によって金額が変わります。
簡単に言えば相続人の数が増えれば基礎控除額も増えるので、相続人の数を正しく認識して計算しなければなりません。
そこでよく疑問点としてあげられるのが代襲相続人がいる場合で、代襲相続人とは本来相続人となるはずだった人物が亡くなっており、代わりにその子供などが相続人となるケースです。

結論から言えば代襲相続人も相続人のひとりとしてカウントされますから、たとえば相続人が3人いてそのうち1人が亡くなっているため、本来相続人と成る人の子供2人が代襲相続人となる場合は合計で4人が相続人となります。
したがって、この場合は3,000万円+600万円×3の計算式ではなく3,000万円+600万円×4の計算式で出しますので、基礎控除額は5,400万円になるのです。
このように代襲相続人と基礎控除の関係も把握しておくとスムーズに計算できます。

top