相続税の基礎控除について | ここが知りたい 相続税の基礎控除

ここが知りたい 相続税の基礎控除
Home » 相続税の基礎控除 » 相続税の基礎控除について
相続税の基礎控除 | 08月13日更新

相続税の基礎控除について

今、遺産相続に関する話題がインターネット上でも増えていますが、その中でも特に頻繁に見られるのが相続税に関することです。
相続税はすべての相続人が対象になる可能性があるものの、意外と知られていない点も多く、遺産相続したあとに自分が対象になっていたことを分からずペナルティの対象にになってしまうことも少なくありません。
遺産相続はほとんどの人が一度は経験するはずですし、手続きをする前に一度相続税についてしっかり調べておくことをおすすめします。

まず相続税を知るうえで必ず理解しておかなければいけないのが基礎控除で、これは相続人の数が何人になるかによって変わります。
相続税の基礎控除は3,000万円+600万円×相続人の数で求めることができますから、たとえば相続人が3人いれば3,000万円+600万円×3で4,800万円になりますし、5人いれば3,000万円+600万円×5になりますので6,000万円になります。
ですから、遺産相続を想定してわざわざ相続人を増やす工夫をする家庭もあり、相続人の配偶者を被相続人と養子縁組させたりすることもけっこうあるそうです。

養子縁組をした場合でも養子として扱われますが相続分が少なくなったりすることはありませんし、実親との関係も切れませんので、相続人の配偶者にしてみれば自分の家庭と夫の家庭の2つから相続できるメリットも生まれます。
さらに被相続人の配偶者に限って配偶者控除を適用させることが可能で、これは基礎控除の範囲内あるいは1億6,000万円を超えないというのが条件になっています。

このように相続税の基礎控除は相続人の数によって変わることを覚えておくだけで、自身が課税対象になるのか分かりますし、遺産相続する前にきちんと確認できるようにしておきたいところです。
相続税に関する情報は国税庁のホームページ(https://www.nta.go.jp/index.htm)に掲載されています。

top