相続税を納めるまで | ここが知りたい 相続税の基礎控除

ここが知りたい 相続税の基礎控除
Home » 相続税の基礎控除 » 相続税を納めるまで
相続税の基礎控除 | 08月13日更新

相続税を納めるまで

相続税は遺産相続したときにかかる税金ですが、必ずしも相続人全員が対象になるわけではなく、プラスの財産からマイナスの財産を引き、そこから基礎控除を引いて出た金額が対象になります。
基礎控除は現在3,000万円+600万円×相続人の数で計算することが可能で、たとえば5人の相続人がいる場合は3,000万円+600万円×5ですから6,000万円が基礎控除額になります。
つまりこの場合は6,000万円を超えなければ相続税の対象にはなりませんので、申告する必要はありません。
相続税は基礎控除について知っておくことが基本となりますから、この計算式を覚えておくといいでしょう。

現在の計算式はいつから施行された制度かと言うと、平成27年1月1日以降とまだ新しく、平成26年12月31日までは5,000万円+1,000万円×相続人の数という計算式でした。
改正後の計算式ではおよそ40パーセントも引き下げられた形になりますので、これまで相続税の対象にならなかった層も含まれるようになったため、今後はより多くの人が意識しなければならない問題と言えるでしょう。

それでは相続税を納めるまでの流れですが、はじめに相続財産と相続人の調査を行い、これを確定させます。
冒頭でも少しふれましたが、相続財産にはプラスの財産とマイナスの財産があって、どちらも相続の対象になります。
もしプラスの財産よりもマイナスの財産のほうが多ければ、負債を背負う形になりますので相続税も当然発生しません。
相続人と相続財産が確定したら次は遺産分割協議を行い、誰がどの財産を相続するのか協議していきます。

遺産分割協議はすべての相続人が集まって行うようになっていて、ひとりでも欠けてしまうといけません。
その後作成する遺産分割協議書にもすべての相続人の署名が必要になりますから、必ず全員と意見を共有できるようにしてください。
遺産分割協議が終わったら各々が計算して手続きを行います。

top