基礎控除とは | ここが知りたい 相続税の基礎控除

ここが知りたい 相続税の基礎控除
Home » 相続税の基礎控除 » 基礎控除とは
相続税の基礎控除 | 08月13日更新

基礎控除とは

これから遺産相続をするなら必ず意識しておかなければならないのが相続税についてで、これは平成27年1月1日以降制度が改正されており、従来とは計算式が異なってきていますから注意が必要です。
まず基礎控除とはどんな制度かと言うと、簡単に言えば相続財産にかかってくる税金の負担を減らすための制度で、現在の計算式は3,000万円+600万円×相続人の数で計算することができます。

相続人が3人いるとすると3,000万円+600万円×3になりますので、4,800万円が基礎控除額となり、仮に8,000万円の遺産を相続するとなるとそこから4,800万円を引いて残った3,800万円が相続税の対象になります。
平成26年12月31日までは5,000万円+1,000万円×相続人の数という計算式だったため、現在の計算式で計算するとおよそ40パーセントも引き下げられたことになりますから、これまで相続税の対象にならなかった層も今後どんどん相続税を負担することになります。

こういった影響もあって、これまでたくさんの財産を相続する人の税金というイメージがあった相続税も大きく変わってきており、私たちの生活に身近な税金になりつつあります。
実際に遺産相続を経験した人の10人に1人が相続税を負担する時代になると言われていますし、遺産相続をするなら相続税についてあらかじめ調べておくのは必須と言えるでしょう。

基本的に基礎控除さえ理解しておけば自分が相続税の対象になるかどうかは分かりますが、自分だけでは不安でしょうし、最終的にどれくらい相続税がかかるのか知りたいと思いますので税理士に相談してみることをおすすめします。
税理士な税金のエキスパートですから当然相続税についても詳しくアドバイスしてくれますし、手続きも行ってくれますが、選ぶときには相続関連の仕事をメインにしている人に依頼してください。
そうすることでスムーズな遺産相続ができるはずです。

top